おそ松さん【第2期|2話】考察・ネタバレあり!閲覧注意!

第2期2話のネタバレ考察をしていきます♪観ればわかると思いますが、初っ端から微妙にグロ注意です!松代が愛でて止まないはずの6つ子達の乳首を削ぎ落していったり、変な薬を酒と間違えて飲んだ6つ子の身体が透過したり、グロ注意プラス6つ子が結構体張ってる回となっております♪まぁ、いつも体張ってるけどね、今回は体内の中までしっかり見える。その体内も個性的で面白い、設定が本当に細かいから観てて飽きないですね。それでは今回も最後まで読んでいってください♪おねがいします!

 

スポンサーリンク

 

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

第2話あらすじ

第2‐1話『祝・就職!!』

画像引用元:https://www.zaikei.co.jp/article/20171015/405634.html

 

ニートの6つ子たちに対し、ついにキレた松造と松代。就職を考えた末に見つけた職業とは?

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第2‐2話『超洗剤』

画像引用元:http://osomatusan.com/gatsha-45/

 

デカパンの発明品を持ち、パーティーへ出かけたイヤミ。会場に6つ子たちが乱入し、やりたい放題の末に誤って発明品を飲んでしまい…

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第2話ネタバレ

第2‐1話『祝・就職!!』

画像引用元:https://www.zaikei.co.jp/article/20171015/405634.html

珍しく怒ってる松造と松代のシーンからスタート。二人の目の前には正座をしてる6つ子達の姿が。だが、誰一人としてこれから怒られるとは思っても居ない様子。メンタル強いというか鈍すぎ。『イライラし始めてきた』と言う松造と松代がおそ松に何故だか問うも、『何か怒らせる様な事したかなぁ?・・・あっ!童貞だから?』と元気よく答える馬鹿おそ松。『かぁーさん』と松造が言うなり松代はスッと出刃包丁を脇から取り出すと、何の躊躇いもなくおそ松の乳首を削ぎ落す選択肢を間違えたら今回の松造と松代は容赦ない。『じわるな、母さん』『じわるわね、父さん』。次の犠牲者は一松。『あっ、ツナ缶だ。野良ネコに黙ってあげたのを怒ってるんだね、ごめん。』ただの懺悔乳首はもちろん斬首。十四松カラ松選択肢は間違えていなかったのに、ひと言余計なことで乳首取りとなる。トド松に至っては、逆切れ。末っ子恐ろしい、自ら乳首をもぎ取り見事に散った。終始涙目のチョロ松は無傷で済んだが、期待と言う名の暴力で圧をかけられるハメに。乳首に絆創膏というシュールな恰好でチビ太のおでん屋で酒を呑みながら愚痴る6つ子。『長男のお前がしっかりしないからそのツケが僕に周ってきている』と嘆くチョロ松。『いやいや、俺はそういうのからちゃんと逃げ続けてきたから。ようやく効果が出始めたよね、親が俺に諦め始めた。ダメ人間は誰でもなれるの、でもクズは努力が必要だから』ドヤ顔のおそ松。引っぱたくチョロ松。そこでトド松が『じゃぁ動画配信は?』。まさかのYouTuberを就職先とし、さっそく動画配信をする事に。だが、結局脱ぎだしてしまい通報され朝には削除されてしまっていた。しかし、ここで本気を出す6つ子達。スーツに着替え、カッコよく街を歩く姿は本当に就活をするのかと思わせたが。失業保険を寄越せとハローワークで騒ぐ6つ子、それを動画配信するチビ太、伸び続ける視聴者数。チビ太はコレで6つ子のツケの回収が出来たのでは?

第2‐2話『超洗剤』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1508126961

電動ドリルで歯磨きをするイヤミ、パーティに行くと浮かれながら歩いていると子供たちに洋服を汚されデカパン博士に頼るイヤミ。そこでどんな頑固な汚れも落としてくれる『魔法の洗剤 超洗剤』を貰い注意事項をまともに聞かずに持ち出してしまう。パーティ会場に再度向かおうとすると6つ子と遭遇。どこに行くのかと問い詰められるイヤミが口を滑らせ、6つ子も同行する事に。たらふく美味しい食事を取り、高い酒を呑みまくると、テーブルに置いてあった『超洗剤』をカラ松が見つけて全員で飲んでしまう。家に帰ると、次々と6つ子の身体が透明になっていくが、内臓と血管を残して透過が止まる。おそ松の内臓は全体的にだらしない、やる気ない。チョロ松の内臓はちゃんとしてるけどつまらない。カラ松の心臓はミラーボール、十四松は内臓まで笑ってる、内臓まで十四松‼トド松は一見普通だけど心臓が無い。一松はワレモノ注意の紙が貼ってある繊細な心臓。これだと生活がしにくいという事で、兄弟でペイントをする事に。これがまた酷い。十四松は福笑いみたいにされ、一松はツリ目でとにかくヤバい、カラ松はサングラスだけ、チョロ松は顔面に『シコ』と書かれ、トド松は自分で描くと言い、目のでかい少女アニメの様な自己愛の強い顔に、最後はおそ松。ここで兄弟たちが『おそ松兄さんは普通過ぎて特徴も無い。とりあえず馬鹿で、クズで、ゴミでエロい感じでいっか』で描かれるも割とおそ松。ブチきれるおそ松そこに松代と松造が現れるも、変化に気付いてくれず、街に繰り出す6つ子達。トト子ちゃん、ハタ坊、ダヨーン、イヤミに『何か変わったところない?』と必死になって聞くも誰も変わってないという答え。悲しみに打ちひしがれる6つ子達。最後は泣きすぎてペイントが落ちてぐちゃぐちゃで終わるギャグ回。

 

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

第2話 考察

第2‐1話『祝・就職!!』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1508126961

珍しく激おこ松造と松代にとうとう堪忍袋の緒が切れたのかと、視聴者ですらすぐに察知出来たのに全く分かってない6つ子が何と愛おしい事やら。しかもちゃんと『イライラしてきた』って言ってるのに、何に対してなのか本当に分かってないとかヤバい。せめて唯一、まともであろうノーマル4男と呼ばれる一松には、気付いて欲しかったのに『ツナ缶』ってwwそれ多分、言わなければ松代にバレもしなかったと思うよ、素直な一松。可愛さアピールあざとい。無意識なだけに。自ら乳首を引きちぎったトド松は、可愛いだけの男じゃなかったんだね!にしても、選択肢を間違えると、乳首を削ぎ落す罰を考えたのは素敵その部分だけパーカーも切り取られてるあの感じ、絆創膏貼ってるあのシュールな絵面は本当に最☆高!!その状態で呑みに行っちゃう6つ子も最☆高!!着替えるという選択肢を完全に葬り去られてたのは、なぜだろう・・・(*‘∀‘) YouTuberを就職先にしようと決めて、即座に喋り出す6つ子のメンタルは最強だと思う。少しの恥ずかしさとか、戸惑いとか無いんだろうか??社会に出れないクセにやる事は大胆な6つ子達。ベクトルが間違ってるんだよ、そこで頑張り発揮しちゃうの?感が拭えないww飲んだビールを乳首から発射させるカラ松、おちゃめすぎ。普段あんなにカッコつけてるのに、酒に飲まれ過ぎ。起きたら後悔するタイプだろうなwwだから、カラ松よ、ベクトルがな(ry すぐ脱ぐ一松、それに釣られて全員脱いじゃう辺り『赤信号、みんなで渡れば怖くない』が適応されてる感。6つ子は特にそういうのが強そう、精神的な繋がりな部分とか。大事にしてそう。馬鹿でクズな事しかしないけどもwwだから、何の疑問も誰一人持たずハローワークに『失業保険』を堂々と貰いにも行けるんだろうな、6人でひとつなのだから!!可愛すぎて尊死。ありがとうございまぁーーーっす!!!

第2話‐2話『超洗剤』

画像引用元:https://twitter.com/rakutentv_japan/status/917626005480542213?lang=fa

この回は一言で言うと『自業自得』だと思うwwあと、『がめつい』。パーティに招待されたのはイヤミだけなのに、あそこまで飲み食い出来る6つ子の神経凄すぎ肝据わりすぎ誰のかも分からない酒に手を伸ばすのも怖いもの知らず飲ませ方もおかしいだろ一松wwwそれが『超洗剤』だとも知らずにww洗剤って飲んだら分かりそうだけど、デカパン博士の作ったものだから洗剤の味じゃなかったのかな一人一瓶飲んでたら完全に透明人間になってたのかな?と地味に気になる。脳みそと目玉と内臓と血管だけ丸見えとか、エロなのかグロなのか・・・wwwでも、内臓までそれぞれの性格と同じで個性的なのは面白い要素。トド松に関しては『ドライモンスター』とか『心が無い』とか言われてたけど、本当に心臓が無いという衝撃wwwキレると一番オラつく一松の心臓が『ワレモノ注意』なのも意外な一面。もっと常闇な心臓だと思ってたけど、繊細だったんだね。第1期19話の『チョロ松ライジング』での自意識とはまた少し違った6つ子の中身を見れた感じでもある。だが、誰一人として絵心がないっ!!なさすぎるっwww酷過ぎる、何このペイントwwチョロ松なんておそ松に書かれた『シコ』のみ。それだけでチョロ松と分かるほど『シコ松』が浸透してるのもまた愛されてる証拠。意外と普通だったのが、おそ松。さすがプレーン。ちなみにおそ松はプレーンと呼ばれるとちょっとムキになる所も可愛い一面。お互いの認識力は高いようで低いのに、周りからの認識力の低さに対して必死になって泣いちゃう辺り、承認欲求はきちんとある模様www

 

 

▼『U-NEXT』で一気に見尽くしちゃおう♪▼

 

最新情報をチェックしよう!