おそ松さん【第2期|3話】考察・ネタバレあり!閲覧注意!

おそ松さんライフいかがお過ごしでしょうか♪推し活頑張ってますか??第三期2クール目の今ですが、沢山のコラボをやっていますね!!おそ松さんの凄い所はコラボの量だと思ってます♪素晴らしいですね、もっともっと人気が出る事を祈って今回も記事を書いていきたいと思います、最後まで是非読んでいってくださいね♪

スポンサーリンク

 

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

第3話あらすじ

第3‐1話『げんし松さん①』

画像引用元:https://video.unext.jp/episode/SID0031245/ED00172912

6つ子の原始人たちがマンモスを見てひらめき作り出された物とは…

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第3‐2話『チョロ松と一松』

画像引用元:https://www.nicovideo.jp/watch/sm32111521

チョロ松一松― 一緒にいた二人を襲う思わぬ試練!?

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第3‐3話『トト子の挑戦』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1508723379&p=1&n=7

負けられない闘いに挑むトト子。そんなトト子の挑戦をさまたげるのは、6つ子と…?

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第3話ネタバレ

第3‐1話『げんし松さん①』

画像引用元:https://osomatsusan.com/2nd/story/detail.php?id=1000290

原始人となった6つ子が砂漠を歩いていると、マンモス同士の♡アレ♡を見てしまい興奮した6つ子は、各自木とナイフで何かを作り始める。原始時代には絶対ないであろうギラギラしたモノ電子機器で作られたモノなどなどを作ったり、かと思えば物凄くアナログなモノであったり。とりあえず下ネタなので詳しく書けません

第3‐2話『チョロ松と一松』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1508723379&p=1&n=3

居間に入るとチョロ松の目の前には、グダグダしている兄弟たちの姿が。『お腹空いた』と騒ぐトド松を始め『逆にパチンコに行こう!』とチョロ松と一松以外の4人は家を出る。家に残されたチョロ松一松。だが、この二人は気が付いてしまった。普段は無いレアな組み合わせでお留守番・・・気まずいっ!!別に嫌いではないが、急に二人になると際立つこの変な感じ、変な空気。ここから二人の空回りが始まる。雑誌を読むにも内容は頭に入って来ず、TVを付けても良いか確認を取ったり、『天気って天気だよね』と会話が狂い始める一松。流れを変えようとボケる一松突っ込めないチョロ松。『お互い今まで見て見ぬふりをし過ぎたのかもしれないね』という結論に辿り着き、とりあえず物理的に距離を取ってみる事に。本音が言えるのではと。『おいこのシコ松!!このシコ野郎が!!地下アイドルのケツばかり追いかけてんじゃねぇぞ童〇中の童〇!!おぉ、本音が言える・・・♪』『コラァッ闇松!!病んでんじゃねぇよ、犯罪者予備軍!そのくせハートがガラスみてぇに脆れぇってどんだけめんどくせぇんだよ、おめぇは!!』二人の本音。では、次に距離を近づけてみると、二人共何も言えない、気を遣ってしまう二人。『ごめんね、さっきは酷い事言って。』『いえいえ、こちらこそ先ほどの発言は全てお忘れください。』お互い謝罪タイム。お互い嫌いではないのに、距離感が全く掴めず何も進展しない二人。少しでもお互いの本音が垣間見えると、すぐにまた距離を取り変な空気に。縮みそうで縮まらないその距離感に、涙目で笑いながらも絶望していると・・・。『たっだいまー!!よく考えたらお金なかったわぁ!』と他の兄弟が帰宅。ギャン泣きしながらおそ松に抱き着くチョロ松一松。『きもっち悪・・・』Byトド松

第3‐3話『トト子の挑戦』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1508723379&p=1&n=8

トト子の意地とプライドをかけた『爆食い女王決定戦!!』。応援にきた6つ子達。昭英お熱のトト子は、6つ子の無茶ぶりに応えてる昭英にときめく反面、6つ子に対しての殺意が凄い。そんな中、今川焼の爆食いが始まる。『顔が可愛いという己の才能に溺れる私じゃないの』と昭英に思いを爆ぜるも、昭英は6つ子の相手ばかり。調子に乗る6つ子。昭英に喧嘩を売る6つ子、それを買う昭英。集中出来ないトト子だが、余裕で勝ってる。喧嘩と力自慢でテンションが上がる昭英に6つ子は完全に飼い慣らされ『昭英兄さん』と呼ぶまでの仲に。6つ子と戯れる事に幸せを感じるひたすら昭英な回

 

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

第3話 考察

第3‐1話『げんし松さん①』

画像引用元:https://gyao.yahoo.co.jp/store/episode/A148069002999H01

ひたすら下ネタ回過ぎて、単語が書けません・・・www 原始時代で原始人やっても、相変わらず思考は現代人とあまり変わらない。というか、6つ子は原始人になってもアッチ系にしか興味が無いのが、らしくて良い所でもある。だが、何でわざわざ原始人の設定にしたのか凄く気になる所でもあるwwwカラ松とトド松の作ったモノは二人の個性が全面に出されてて一目で分かる。可愛くてキラキラカッコよくてギラギラ。原始時代に作れないモノばっかり生み出す材木松。反対にアナログで、ぜんまい仕掛けで楽しむ一松は、もう生粋のドМ。(公式でも一松はMと位置付けられている)

第3‐2話『チョロ松と一松』

画像引用元:https://www.yodobashi.com/product/100000001003782137/

あーこういう事あるわぁ。となる分かり味の深い今回の回。これにチョロ松一松の二人をチョイスしたのはナイスでしかない。なぜなら、暴言を吐かせればピカ一なのがこの二人、年中松だから!!オラつき方とかキレ方とか言葉のチョイスがとにかく良い、普段大人しいタイプがキレるとヤバいっていうのはこの二人を見ればマジで分かる。よそよそしくギクシャクしてる割には、結局何だかんだ本音で話したりして一応話が続いてる分、相性悪くないと思うんだけどな?一つのことに対してお互いの意見とか出し合ったら、絶対上手くまとめてくれるのってこの二人だと思ってる。にしても、二人の本音の蔑み方がエグイけど、チョロ松めんどくせぇなと言いながらも、一松のメンタルが弱いのをちゃんと把握してる辺り、一松のお兄ちゃんなんだなぁ。お兄ちゃんが垣間見えるのがたまらなく良い。一松はチョロ松に対しては上二人(おそ松・カラ松)と違って、少しは信頼してそうな所も垣間見える。あと、毎回思うのが、一話の中に情報量多過ぎて上手くまとめらんない。話がバンバンあっちこっちベクトル変えていくから、チョロ松と一松の本音の神髄までいっちゃってる回。(『資格とかどうでもいい、エロい目で見てるよ』『獄卒(になりたい)』)

第3‐3話『トト子の挑戦』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1508723379&p=1&n=9

トト子ちゃんの回のはずなのに昭英の話でしかない。それに当たり前に存在感出してきてるけど今回初ですよね?ってなる。それに、あれだけトト子ちゃんに『頑張れー!!』って応援に来てた6つ子が、自分たちの欲求(昭英と戯れる)優先でさすがだなって感心する。トト子ちゃんそっちのけじゃん。あれだけ『昭英、昭英』言ってたのに『暑苦しいんだよぉっ!!!』って掌返すおそ松の扱いにくさは面倒くさい。『お前が言ったんだろ!?』とか、口悪すぎなおそ松がおそ松らしくて良いよ。ワガママし放題な6つ子と、それに振り回されつつ幸せ感じれる昭英は多分6つ子と同じくらいの脳年齢だと思う。トト子ちゃんも頑張ってるのに、誰も見向きもしてくれなかったねでもちゃんと一位なのはさすがだよトト子ちゃん!

スポンサーリンク

▼『U-NEXT』で一気に見尽くしちゃおう♪▼

最新情報をチェックしよう!