おそ松さん【第3期|2話】考察・ネタバレあり!閲覧注意!

いつもならこれだけの話の量があれば、『こぼれ話集』レベルなんだけど今回は違うみたいですね!この第2話のメイン話は第2-6話『お届け物』AIのシャケとウメの初登場回です♪最初こそ突然のAIの登場に、一松が距離を凄く置いたので一松クラスタは『一松大丈夫!?繊細な彼には兄弟以外の第三者はキツいのでは・・・!?』と不安から死にかけたのあの頃が懐かしい・・・。ちょっと長くなる今回の記事ですが、飽きない様に楽しく解説していきます!!是非、最後まで読んでいってください!!!

 

スポンサーリンク

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

第2話あらすじ

第2-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/57311796.html

チョロ松一松トド松の三人が対談方式で一体何を語るのか・・・?

 

第2-2話『ハタ坊EATS』

画像引用元:https://ckworks.jp/animeradar/matome/5774/530518

チビ太のおでんをハタ坊が三輪車で配達・・・果たしてきちんと配達出来るのか?

 

第2-3話『夜は静かに』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1603091219

寝ている6つ子を起こすと大変な事に・・・深夜は静かに松野家の前を通りましょう。

 

第2-4話『ぼったくりDoctor-T外科医・弱井トト子』

画像引用元:https://osomatsusan.com/story/detail/?id=1000828

外科医の彼女の口癖は・・・『致しません』。そんな彼女を必死に支えるのもまた医者の6つ子。

 

第2-5話『三角ポップ』『椅子』

画像引用元:https://www.hellominju.com/2020/10/osomatsusan3-2-1.html

コンビニのイートインスペースで遊ぶカラ松十四松

 

第2-6話『お届け物』

画像引用元:https://osomatsusan.com/

ある日、松野家に2体のAIロボットが届く。これからはAIと共存する時代と言い出すAIだが…。

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式

 

 

第2話ネタバレ

第2-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1603091219&p=1&n=2

外の綺麗な景色が見えるガラス張りのカフェのテーブル席に座る三人(チョロ松一松トド松=≪混色松≫)。『三期が始まったわけじゃん、僕たちはTVで何をやれば良いのかな?世間は僕たちに何を求めてるのかな?』『何も求めてる訳ないでしょ。期待なんか一切されてない。ね、一松兄さん』『・・・。』対談形式なのに話そうとしない一松、黙って頷くだけ。ちょっと詰めるトド松。『3期に向けての熱い抱負と意気込みを語り合ってみてよ』と掛け合うも、面倒くさそうにする一松だが、トド松がチョロ松をイジリ始めるとすかさず『相変わらず自意識が爆発してんな、シコティッシュフォールド(シコ松に掛けている)』とイジリ始める。『じゃぁ、何をやれば良いと思う?』との問いにもすかさず『今日で終わろう。3期は引っ張り過ぎだって。僕らの時代は終わった』『あら上手い事おっしゃる!』どうしようもない≪110松≫。コーヒーを飲みながら『3期はとりあえずね、残りの3人は出さない方が良いと思うよ。あいつらが居る限り、僕たちは人気作になれないと思うんだよ』と突然の兄弟切り捨て発言をするトド松。『良い事言う!!』同調するチョロ松一松。『この三人はまだまともだもんねぇ。ヤバいのは残りの三人だもんね』。止まらない他兄弟のディスり。童貞だとか何だかんだディスってるけど、この三人にも同じことが言えるのだが、それは関係ないらしい。『長男、おそ松?あいつは全身にモザイクかけるべき』『次男のクソ松なんかピーだから、あいつって法に触れてんだよ、誰か捕まえろよっ!!』『五男の黄色い人はね、アレ、何かをヤッてると思うんだよ』ヒートアップが止まらない三人。『だからさ、3期はこのまとも組で頑張るしかないんだよ!!馬鹿三人は排除!今日から3つ子!!』『でも、次回のこの番組、どうせ残りの三人が来るでしょ』『絶対何かやらかすってぇっ!!』『来週見て欲しくないっ!!!!』発狂して机に突っ伏する三人。

 

第2-2話『ハタ坊EATS』

画像引用元:https://www.telasa.jp/videos/172649

夕暮れ時のチビ太のおでん屋おそ松一人でおでんを食べ酒を呑んでいると三輪車に乗ったハタ坊が登場。『受け取りダジョー』。『ご苦労さん!』と鍋に入ったおでんをハタ坊EATSリュックに入れてやるチビ太。それを背負うハタ坊頑張って立ち上がろうとするも動けない。『行ける?!大丈夫!?無理じゃないかなぁっ!?』『何でこのバイトを選んじまったんだよー・・・おい、おそ松』一つ返事をするおそ松チビ太と一緒に、動けなくなってるハタ坊を三輪車に乗せてあげる。『どっ??行けそう?』『ありがとうダジョ、行ってくるジョー。』だが、しかし、背中のリュックが重いせいか三輪車ごと横転する始末。『やっぱり無理なんじゃないかなぁ?』『諦めんな、まだ方法はある!!』と意気込むチビ太。その方法は、おでんの量を減らす事。必死におでんをむさぼるおそ松チビ太。半分くらいに量を減らしてから再度、配達を試みる。『どうだ?行けそうか?』『うん、ありがとうダジョー、配達行ってくるジョー』だが、やはり駄目。おでんの量を減らす為に必死に食べるおそ松チビ太(二回目)。とうとうリュックもハサミで切られガムテープで補修され、大きさは手のひらサイズにまで・・・。『やっと行けたよ!!』『よっしゃー!』と喜びハタ坊を応援するも、三輪車を漕ぐスピードは亀より遅く、配達先のイヤミの家に着いたのは朝。『遅いザンス!!!』『何時だと思ってんだぁ』とキレるイヤミとドブス(?)。『お待たせしたジョー。お食事のお届けダジョ』と小さなリュックから取り出したのはカラカラに乾いた卵一つ。『シェーッ!!!

 

第2-3話『夜は静かに』

画像引用元:https://osomatsusan.com/story/detail/?id=1000828

深夜、6人で大人しく眠りについていると外を歩くカップルのイチャイチャ声が。6人同時に飛び起きると、道路に面した窓を開けカップル目掛けて投げる投げる、部屋にあるモノ全て投げる、無表情で。しかも投げるスピードが馬鹿早い。全速力で逃げるカップル。『ここまでくれば大丈夫だ』『良かったぁ』と安心したように微笑みかけ合いながら一息ついてると、背後から走って来る6つ子の姿が。血の気が引くカップルは絶叫しながら、再び6つ子から逃げなければならない。

 

第2-4話『ぼったくりDoctor-T外科医・弱井トト子』

画像引用元:https://ckworks.jp/animeradar/matome/5774/530518

海に囲まれたリゾート地のビーチで寛ぐトト子。だが、彼女の本当の姿は外科医6つ子達もしっかり医者。『例えばこの女、労働を嫌い努力を嫌い、疲れる事を嫌い顔の可愛さだけが彼女の武器だ。』というナレーションと共に颯爽と歩くトト子会議には寝坊で遅れ、6つ子がコテンパンに怒るも『私朝は起きれないので!!・・・えへへっ♪』キリっとしていた表情が一変、可愛く笑うトト子デレデレになる6つ子。突然ロビーで発作を起こし倒れたデカパンに、6つ子がトト子に人工呼吸を頼むも『致しません!!私ファーストキスは好きな人と決めているので!!デレデレになる6つ子。ダヨーンの緊急オペを頼むも『致しません!!私、血を見るのが怖いので!!デレデレになる6つ子

 

第2-5話『三角ポップ』『椅子』

画像引用元:https://www.hellominju.com/2020/10/osomatsusan3-2-1.html

コンビニのイートインスペースでベースボールの本を読んでいる十四松の隣に座るカラ松。『ニートは暇だぜ十四松~』『暇だねぇ、カラ松兄さん』『本当に何かやる事見つけないとなぁ』と言いながら、目の前に置かれている三角ポップにふと目をやるカラ松。『なんだこれ、ヤラシイお店の広告!』『普通コンビニに置いてないよね、珍しい』三角ポップに書かれている飲み放題の金額の安さと写真の女の子の可愛さテンションが上がるカラ松。さらに側面を見てみるとそこには何故かカラ松の顔写真カラ松宛てに書かれたメッセージが。驚きを隠せないカラ松に『ふふふー…本物はこっちでしたぁ読んでいた本の隙間から本物の広告を取り出す十四松。察したカラ松ウィ。飽きてきたのか椅子でグラグラとバランスを取って遊ぶ十四松。いつか後ろに転び倒れるんじゃないかとヒヤヒヤと肝を冷やすカラ松。『うわぁああぁ!!!』と叫びながらもバランスを取り続ける十四松。ハラハラドキドキするカラ松。『…うわぁぁあああああ!!セーフ!!』『さすが十四まぁつウィ~

 

第2-6話『お届け物』

画像引用元:https://akiba-souken.com/article/47363/

松野家の6つ子にお届け物が。『双子のAI・・・?』『ち、ちょっと待って。AIって何だっけ?』『AI、聞いた事はある、でも何だっけ?』と首を傾げるトド松以外の兄弟。『えぇ!?皆AI知らないの!?この令和のご時世に!』とすかさず突っ込むも未だにピンとこないのか悩む兄弟、『マジかよ、頼むぜ、ニート達!!』完全に呆れるトド松。『トッティ、知ってんだ??』『さすがぁ!俺達馬鹿に教えてぇ顔をそむけるトド松。『知らんのかいっ!!!全然可愛くないんだよ、お前はっ!!』相変わらずツッコミ担当なチョロ松。ここでAIからの説明を受け、『あぁ、そ』と知ったかぶりをする6つ子。何と勘違いしてたんだ。『使えば使うほど僕たちは特徴量を抽出しアルゴリズムを形成していきます。ビックデータを活用、自然原の処理、機械学習、・・・・』Aiがつらつらと説明をするもキャパオーバーし溶けていく6つ子。理解できるわけがない。『何一つ分からないぃぃ・・・』『話題が最先端すぎる、こっちは元は昭和なんですぅ』『俺たちがギリ分かるのは、マイコンだよな?』『古すぎる』『ファミコン』『古すぎる』『皆さん人間を幸せにするためにやって来ました。僕たちはサポートAI、どんどん使ってくださいね』『怪しい奴ら・・・』『何それ』と不信感を抱く一松チョロ松。反対におそ松十四松は『面白そう』『使ってみようよ』と試してみたい派。悩む6つ子に『使ってください、皆さんは数多くの候補から選ばれた幸運な方達なのですから』『何で俺達を選んでくれたの??』『皆さんがアレな人たちだからです。社会の底辺を這いずり回るヤバい人達から優先的に助けてあげなきゃという判断が下されまして』『なんだその選考理由!!』『哀れみだったんかい!!ふざけんな!』『サポートレベルというのがあるのですが、何もできない赤ん坊のサポートレベルを10とした場合、6つ子の皆さんは4200に該当しています』『俺達そんなにやばいかぁっ!!!??』プライドをボロボロにされた6つ子はAIを外に投げ捨てるが、『言われた事は何でもやります』の一言に考え直してしまうおそ松十四松あまりの馬鹿さにドン引きするチョロ松一松掃除料理洗濯買い物将棋競馬の当たり予想カラ松ワンマンライブエステと何でもこなしてしまうAIに、気分を良くするおそ松達一松とあれほど不信感を抱いていたチョロ松も、ニャーちゃんのVRを観させられ簡単にAI側に寝返ってしまう完全に迎え入れる体制になってしまったおそ松達隣の部屋で、一人テーブルで折り紙をする一松AIを受け入れられない。手元には兄弟のカラーで作った鶴が。AIが電池切れになりそうだと充電をしているとチョロ松が『良いのかな?居てくれたら凄く便利だよ、色々と助かる。でもなぁ。ニートなのに良くないでしょ??』と躊躇う。『ニートの何がダメなのでしょうか』と問いかけるAI。『え?』と固まるおそ松達一人でいる一松も折り紙を折る手が止まる。AIはニートである6つ子に対して一切否定せず、まるで肯定するかのような事を言うと一旦松野家を後にする。完全に心を掴まれ泣いて喜ぶおそ松達。だが、一松は無言で1人二階に上がっていくその後ろ姿を見つめる十四松。AIから抽出される記憶が映し出される研究施設。『少しずつ・・・少しずつ・・・

スポンサーリンク

 

第2話考察

第2-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1603690060

今まであったようで無かったこの対談方式!!そしてまさかの『まとも組』が公式によりメンバーの変更!だがしかし、基本まとも奴は一人も居ないのであしからず。だってさ、本当にまともならここまで他の兄弟の悪口言う??容赦ないよね、特にこの三人。多分、おそ松カラ松少し悪口言ってもちゃんとフォローの言葉も投げかけるはず十四松に至っては、きっと悪口は言わない。ちょっと困る時はあるけどって濁すくらいだと思う。なのに、この御三方はフォローの言葉、1つもない!!何なら、一番何も言わないであろう五男を犯罪者レベルで言ってる。でも、そんな滅茶苦茶な6つ子が大好きなので、問題ない。次回の対談も楽しみ♪

関連記事

今回は6つ子のトリオ名の一覧と由来を紹介していきます♪コンビも沢山ありましたが、トリオも沢山あって面白いですよ♪皆さんがアニメをもっと楽しく観れるように、お手伝いしたいと思います☆最後まで是非読んでいってください☆   [ad[…]

 

第2-2話『ハタ坊EATS』

画像引用元:https://osomatsusan.com/story/detail/?id=1000828

珍しく一人で酒を呑んでいるおそ松に珍しさを覚えたけど、他の兄弟が居たら話が長くなるから排除したのかな?メインはハタ坊だしねハタ坊ってお金持ちじゃなかったっけ?まぁ、そういうのは置いておいて、あの面倒くさがりのおそ松ここまでハタ坊の面倒見るとは、正直思わなかった。『頑張ってねぇ♪』って食い逃げしそうなのに。ちょっとした所で、『お兄ちゃん』が出ちゃうのかな。チビ太は何だかんだ世話好きだし優しい。この世界って優しいキャラしか居ないね。優しい世界、素敵☆

 

第2-3話『夜は静かに』

画像引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/57311796.html

これはもう深夜の松野家の前をカップルは通ったら駄目。どうしても通らないといけないなら静かに通る事。ホラーじゃないのに、リア充に対しての顔つきは毎回本気でヤバ過ぎてヤバい。

 

第2-4話『ぼったくりDoctor-T外科医・弱井トト子』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1603690060

トト子ちゃんが可愛いのは大前提として、これは6つ子が悪い((笑))。トト子ちゃんは悪くない(いや、悪いけど)。この組み合わせの病院ネタは本当に駄目(笑)何しても許しちゃうもん6つ子は。トト子ちゃんがワガママだろうが、口が悪くても、性格悪くても、6つ子はそんな所全部ひっくるめてトト子ちゃん大好きだから。ここまで、何しても許してくれるって相当凄い事だとも思うけど。しかも6人も全部ありのまま受け入れてくれるって、滅茶苦茶有り難い事。トト子ちゃんが何かしても可愛い!!大好き!!トト子ちゃーん!!って言ってくれて心底救われてるんだろうなと、今回の場面には合わないけど、ちょっとふと思ったから書いておく。

 

第2-5話『三角ポップ』『椅子』

画像引用元:https://www.hellominju.com/2020/10/osomatsusan3-2-1.html

揚げ物松≫にひたすら癒されるだけの話2本立て♪カラ松引っ掛ける為だけにあんなPOPを作っちゃう十四松だし、簡単に騙されるカラ松はやっぱり空っぽカラ松だった。この二人の組み合わせは本当に平和で、子供っぽい事を平気でやれちゃう十四松カラ松しっかり兄として引き立ててくれたりしてる気がする。

関連記事

6つ子のキャラ紹介と名前の由来、またコンビ名の由来も兼ねて今回は書いていきたいと思います!!個人的な見解も含めて書くのでお手柔らかにお願いします♪コンビ名に関してはおそ松さんのファンが作ったものが大半となっていますが、その浸透力は半端ない。[…]

 

第2-6話『お届け物』

画像引用元:https://anitubu.com/archives/post-41805.html/10

だいぶ今となっては双子AIに慣れてきましたが!!!放送当初は、ある意味『大問題』を起こしたこの新キャラクター!!!一松クラスターが不安になりソワソワして次週放送日まで心臓が持たないレベル。親と兄弟とネコの事しか受け入れられない一松が本当に可哀想だったけど、折り紙で兄弟のオリジナルカラーで鶴を折るシーンはグッとくるものがあった。本当に兄弟が心の拠り所なんだなぁと。チョロ松簡単に寝返ったし、ショックだったんだろうな。それに比べて、おそ松十四松何でも受け入れられるタイプカラ松トド松は興味はあるんだろうけど、居ても居なくても別にどっちでも良いって感じ。居たら便利、ラッキーってくらい。チョロ松ちょっとの不信感は持ってたけど流されやすいよね。AIも実際、何が目的で近付いて来たのかも分からないし、一松みたいに最大限に警戒するのが正解だと思うんだけどなぁ。6つ子の心理を衝いてくるあたりAIは策士。『ニートである事を咎めない』とか、そりゃぁ、喜ぶよね。否定されたくないんだよね、人間誰だって。受け止めてくれたらそっちに気持ちがなびくのも仕方が無い。だからこそ、一松がなびかないで1人きりで居る事を選んだから、さらに違和感が強調されたよね。今後の6つ子と双子AIの行く末がどうなるかが、楽しみ♪ 双子AIの名前『おむすび』で『ウメ』『シャケ』ネクタイの色から。おそ松命名

スポンサーリンク

▼『U-NEXT』で一気見しちゃおう♪▼

最新情報をチェックしよう!