おそ松さん【第3期|3話】考察・ネタバレあり!閲覧注意!

おそ松さん第3期で中々ビックリしたのは意外とこの第3話かもしれない。リアルタイムで観ていたけれど、後半途中で『チャンネル変えちゃったかな??あれ?あってるな?何のアニメが始まったんだ??と惑わされたのは初めて…!!!いや、まぁ、おそ松さんでは毎回惑わされますが…良い意味で♪それでは今回も最後まで是非読んでいってください

 

スポンサーリンク

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

第3話あらすじ

第3-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/968130/blog/44516468/

今回はおそ松カラ松十四松三人の対談だと思っていたのだが…そこに現れたのは??

 

第3-2話『評価値』

画像引用元:https://www.pashplus.jp/anime/197292/

双子のAIロボットのウメシャケにはまったく洒落が通じない。なんとかしたいカラ松チョロ松トド松だが・・・!?

引用元:ストーリー|TVアニメ『おそ松さん』公式サイト

 

第3-3話『マジック天使マジヘライッチ―』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1604325023&p=1&n=6

女子中学生の一美(一松)。憧れのジュウシ先輩(十四松王子様ver.)に近づく為、突如手に入れた魔法天使の力を使うもその恋の行方は…?!

 

第3話ネタバレ

第3-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:https://www.nicovideo.jp/watch/so37734494

今回の対談場所は図書室のソファ席。おそ松が先頭を歩くのだが、その後ろには聖澤庄之助村上光司の姿が。席に座るもおそ松は状況を把握出来ず、目をキョロキョロさせとても不安そう。何も喋らない二人におそ松過呼吸気味になってしまう。『無理だーっ!!!!』泣いて走って退場するおそ松

 

第3-2話『評価値』

画像引用元:https://animegaphone.jp/osomatsusan-3-3/

公園で双子のAIと遊ぶ6つ子達。『!?』と6つ子がお互いに入れ替わり、AIに誰が誰だか当てさせるゲームだ。『顔認証のアルゴリズムを形成しました』入れ替わっても直ぐに当てられるAIに興奮する6つ子達。ちなみにチョロ松の事は『シコ松』ともきちんと記憶している。『人工知能って凄いんだねぇ、勉強してどんどん成長しちゃう』『天才!!僕たちと違って疲れないし』『参った、君たちは僕たちより遥かに優秀な存在だよ』『ありがとうございます!!てんてーっ!!』(18歳高校生チョロ松の真似)しっかりと面白い事は多分おそ松が教え込んでいるのだろう十四松AIに銭湯や釣り堀、パチンコ屋、一松の友達のネコ等を教えていく。その都度、『特徴量を抽出しました』と覚えていく双子AI。関心する十四松とは反対に『言えば全部やってくれるし、本当便利な機械』とドライモンスターを発揮するトド松。にドン引きする十四松。『トッティ、あの二人の事機械って呼んでんの??』『え?何か変?』と分かっていない様子。更には『道具』呼ばわりまでする程。ちなみにおそ松は双子AIに話しかけてもシカトされる始末一松は一話目よりかは兄弟の輪に入ってはいるが、AIに対しての不信感は未だに拭えず距離を取る。だが、AIはそんな一松をジッと見つめるカラ松チョロ松トド松は双子AIを連れてチビ太のおでん屋へ。そこでおでんの『評価値』をする様にいうトド松。86点という点数に気を良くするチビ太。AIにチビ太の事を紹介する三人だが、状況が変わって来る。『大切な幼馴染に対してチビ太と呼ぶのは酷いのではないですか?背が低い人を指してチビと言うのは失礼です』と悪口と捉えてしまう。ニュアンスや雰囲気、空気を読むことがどうしても出来ない双子AI。ハタ坊・ダヨーン・デカパンと次々と理詰めにして泣かせてしまう。トト子ちゃんの評価値をする双子AI。だが、94点という高得点にもかかわらず『100点じゃないの?』と。アイドル衣装で評価値を頼むと2点と算出されてしまい静かにキレるトト子冷汗が止まらない3人空気が読めないAI。研究施設に戻ったAIは『今日はダメだったね、もっと気に入られないと、この人にもね…』と暗闇のモニターに映し出されたのは、ネコと戯れる一松の写真

 

第3-3話『マジック天使マジヘライッチー』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1604325023

どこにでも居るような女子中学生の一美は、ジュウシ先輩に憧れている。『あんな素敵な人が私の彼氏だったらいいのにな…』鞄から覗く中々手渡せずにいた手紙。中々ラブレターを渡せずにいる一美の元にクリオネのような妖精が現れる。『君は今日から魔法天使になるんだ!!君にこの魔法ステッキをあげるから可愛く変身して自信を付けて素敵な恋を手に入れよ♪』とステッキを手渡される。ステッキに自分の思いを込めようと、校庭に居るジュウシ先輩を見つめるも、沢山の女の子に囲まれている。それに対し、一美嫉妬と恨みの感情が溢れ出してしまい、『皆、シ〇ば良いのに』と負の感情で変身してしまう。青い髪でショートカットだった髪型は赤の長髪に。予定と違う姿に。惨殺を始める一美。間違ったやり方で愛を伝えようとチェーンソーをジュウシ先輩にまで振りおろす地獄絵図!!!

 

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

第3話考察

第3-1話『ぼんくらの時代』

画像引用元:https://anitubu.com/archives/post-42063.html

先週の対談で、チョロ松一松トド松ボロカス言われた今回の三人の反撃を楽しみにしていたけど、カラ松十四松はどこ行った??!!おそ松キョドっちゃてるじゃん!!過呼吸になりかけるのも珍しいから見物っちゃ見物かも。おそ松ファン母性本能に刺さったのでは??もし、普通にカラ松十四松が登場して対談していたらどうなってたんだろう。多分、馬鹿にはするけどチョロ松一松トド松みたいにあそこまで暴言は吐かないと思う(笑)もっと良い所をこう言ってくるんだろうなぁと思ってる。おそ松カラ松十四松は基本、本音や直感で話してくるタイプだし馬鹿だから、対談は今後やって欲しい所でもある。

 

第3-2話『評価値』

画像引用元:https://www.animatetimes.com/news/img.php?id=1604325023&p=1&n=3

本気で空気読めないとここまで色々拗らせるのか…とちょっとヤバいなと思える回でもある。いや、少なからずその場の空気を読むのが苦手だとかはあるかもしれないけど、このアニメでは死者すら出かねない。特にトト子ちゃんに対しての空気の読めなささはマジでヤバイカラ松チョロ松トド松が気の毒になるけど、トト子ちゃんの所に何故連れて行ったんだ!チビ太・ハタ坊・ダヨーン・デカパンで散々な目に合ってるの分かり切ってたじゃないか馬鹿3人よ!!なぜ連れて行ったんだ、良い評価値を出してもらってトト子ちゃんに感謝されてあわよくば『カラ松くんチョロ松くん、トド松くんすごーい!!大好きやっぱりトト子の事分かってるね!!連れてきてくれてありがとう』とか言われたかった下心は視聴者にはバレている。でも、確かにその空気を読むことって難しい。それをAIが習得するのは、結構ハードル高い事なのかもしれない。自分達、人間ですら空気読めない事とかあるもんなぁ。空気読まないでズバズバ心を抉ってくるようなAIと、誉めるだけのAIだったらどっちの方が需要あるんだろう??

 

第3-3話『マジック天使マジヘライッチー』

画像引用元:https://anitubu.com/archives/post-42063.html/9

突然の可愛らしいOPが始まり、可愛い女の子が見た目通りのドジっ子でって何のアニメが始まったのかと思った。声も一松役の福山潤さんが担当していて、声優の本気を見た。結構細部にまで拘っているらしく、OPは『ふたりはプリキュア』主題歌でお馴染みの五条真由実さんが担当するという本気っぷり。可愛い魔法少女系だと思ってほんわか見て居られたのは最初の数分だけ。嫉妬心全開で少しも隠す事無く荒ぶる展開は、おそ松さんのソレだった。そうだった、いくら可愛いテイストできてもコレはおそ松さんのアニメなんだよ、忘れたらダメ、おそ松さんだから

スポンサーリンク

▼『U-NEXT』で一気に見尽くしちゃおう♪▼


最新情報をチェックしよう!