この【 Gameguide 】では『 Dead by Daylight 』『 Apex Legends 』の攻略情報を発信しています! ”TOPページ” ”カテゴリー” から気になる項目をお選びください♪

【APEX】ランクマッチ|ゴールド帯から早く抜け出す方法とは?『中級者向け』

今回はランクマッチのゴールド帯の解説になります!ゴールドの沼にハマっているプレイヤーは必読です!

野良ランクでダイヤに到達した経験を活かして解説していますので参考にしてください♪

 

ゴールドの特徴

ゴールドの消費RPは『24RP』になり、キルポイントやアシストポイントをできるだけ稼ぎたいのがゴールド帯。また、スナイパーライフルで遠距離から狙撃してくる敵が増える傾向があります。さらには戦闘を終えた部隊に襲撃する戦略【漁夫】が増えるのもゴールドの特徴!

ゴールドの特徴をまとめると…

✓キルやアシストポイントが必須
✓遠距離から威嚇してくる
✓漁夫が増える

これらの特徴をふまえて次の項目を見ていきましょう!

 

ゴールドの戦い方と特徴の対策

ガン攻めでOK

消費RPが24RPとまだそこまで多くないので激戦区降りや敵部隊がいるところへ積極的に着地していきましょう!初戦でそこそこキルポを稼ぐことで中盤戦から後半戦にかけて、余裕をもったプレイができます!

合わせて読みたい

初動において武器が無い状況での対処法を今回は解説していきます!雑魚死しないため、キルレ維持や向上のために初動落ちは厳禁です。 これから解説する内容を参考にして、初動落ちを極力減らしていきましょう♪ [adcode] [outline][…]

スナイパー対策

高ランク帯と違ってゴールド帯の場合、遠距離から狙撃され仲間がダウンさせられてもそこまで『詰めてこない』です。なので冷静にその場を凌ぎましょう。また、スナイパーの対策は【相手にしないこと】です。どうしてもキルしたい衝動に駆られる場合は【アンチの状況と周りに他の部隊の存在を確認し『投げ物を活用』して詰める】ようにしましょう!

合わせて読みたい

APEXに限らず全てのFPSにおいて欠かせない軍需品であるグレネード!初心者の方は、投げ物を投げるほどの余裕は無いと思いますが、今回解説する攻略を頭の片隅にでも入れておいて、慣れてきたら投げ物を絡めた戦いにチャレンジしてみて下さい! かな[…]

漁夫対策

漁夫の利点は『体力が少ない敵を簡単に倒せる』『敵の人数が少ない状況である可能性が高いので有利』であるため漁夫を狙う部隊が多いのです。なので敵との撃ち合い中は【周りの警戒】を怠らないことが大事!さらに敵部隊を撃破し【デスボを漁る時は要注意!】です。漁る場合は3人同時で漁るのではなく『誰かが周囲の警戒に務める』ことで漁夫を未然に防ぐことができます!

合わせて読みたい

皆さんは何のアイテムを重視して持ち運んでいますか? 仲間がどのようなアイテムを持っているかまで把握することができないので、気になると思われる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか? そこで今回は、様々な状況での撃ち合いで理想なバック[…]

 

ゴールドおすすめ武器

中距離|遠距離

スピットファイア

ヘムロック

R301

スピットファイア|ヘムロック|R301は2倍サイトか3倍サイトがおすすめ♪

読むだけで上手くなる!?

アイアンサイトでは見え辛いのを補ってくれる撃ち合いで欠かせないのがサイト!サイトを装着すると標的が見えやすくなる反面、サイトならではの特徴があります。 普段使用しているサイトの特徴を知らずに装着して『キル損』をしているかもしれません… […]

近距離

ボルト

R-99

EVA-8オート

マスティフ

細かい操作が簡単になる♪

シューティングゲームでは『エイムとリコイルコントロール』が最も重要なことは、皆さんご存知かと思います。 細かいスティック操作が必要になってくるため… 「標準のスティックだと不満…」 「現在使用しているスティックカバーに満足していない」[…]

音が重要なAPEXに最適♪

これからヘッドセットの購入や買い替えを考えている皆様に今回は紹介していきます!低額ヘッドセットから高額ヘッドセットまで実際に購入し実証しましたので参考にしてください!これで買い物の失敗を避けられることでしょう♪ なぜヘッドセットが必要なの[…]

 

まとめ

結論、ランクマッチはゴールド帯までガン攻めでいいです!その理由は…

【消費RPが少ないから】

初動で離脱してしまっても24RPなので、次のマッチでキルやアシストで十分に補えます♪ゴールド帯を早く抜け出すにはやはり【RPを多く稼ぐこと】が重要です!なのでガンガン攻めていきましょう!!!!!!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました♪